TOP Page > 未分類 > またまた、児ポ法関係の話…

またまた、児ポ法関係の話…

2chの書き込みでちょっと面白かったし、的を射てると思ったので載せてみる
_______________________________________________________________
男子諸君は注目

■「児童ポルノ単純所持規制法」によるAV業界の今後 (与党案なら)
とにかくロリ系の女優は駄目
女子校生系の属性が付いたものは駄目。
それ以下の年齢も勿論駄目。
女子大生やギャル系も微妙。
今時のAV女優は低年齢化が進んでおり大半が20歳前後の女。
その辺りの微妙な年齢は今回の規制対象としてはグレーゾーン。
結局見るAVが無い。
20代後半以降の年増が出てくるAVしか見る事が出来無い。

■「児童ポルノ単純所持規制法」によるグラビア業界の今後
グラビアアイドルの写真集はどうなるのか。
グラビアアイドルはその大半が10代。
18歳未満のグラビアアイドルも普通に存在する。
もしかしてグラビアアイドルそのものが消滅してしまうのか。

■総評
どう考えても悪法。
ここまで国が個人の生活に介入するのはどう考えてもオカシイ。
エロ画像、エロ動画が楽しめない。
こんな悪法の成立を絶対に許すな!
_______________________________________________________________

それと皆さんすでにご存知でしょうが、
児ポ法絡みで慎重・反対派議員、応援メールでも送ってあげて下さい。

吉田泉議員(民主)
シーファーの「日本は児童ポルノ大国」発言を批判してくれました。

中村てつじ議員(民主) 
単純所持禁止&二次元規制の危険性、さらに定義の厳格化をブログで指摘

松浦大悟議員(民主) 
安易な規制には反対してくれてる

福島みずほ議員(社民)
単純所持禁止&二次元規制の危険性をブログで指摘

早川忠孝議員(自民)
反対派とは言えないかもしれないが確実に慎重派

議員さん個人が反対でも、党の意思で賛成しなきゃならない事もあるみたいだが…

児ポ法は現在、衆議院の法務委員会で審議中、マナーは守って、是非反対意見を送ろう
http://www.shugiin.go.jp/itdb_iinkai.nsf/html/iinkai/iin_j0030.htm

推進派の意見と反対・慎重派の意見
どちらの意見が我々一般市民の事を考えてるのか、理にかなってるのか、
是非、一度考えてみて下さい。

あと、もう1つ、ごく一部に児ポ法の影響
「DMM レンタル アイドル作品数減少のお知らせ」
いわゆるジュニアアイドル系(U-15?)の物だと思う、自主規制は賛否分かれるところだが、
個人的には、今は大人しくしてたほうがいいかな?って感じはする、署名の邪魔になるかな?。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事一覧

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter

プロフィール

日下部 來純

Author:日下部 來純
男 30代 元書店員 ヲタク 無党派(※1)

stop_kisei@hotmail.co.jp @は半角。

当ブログのスタンス

我が国と子ども達の「未来」を守る為に「基本的人権の侵害」と「児童ポルノ禁止法の改悪(※2)」に反対しています。

最優先事項

・「表現の自由」をはじめとする「基本的人権」を守る事

・「リオ宣言案」及び「共謀罪(※3)」を阻止する事

・「インターネットの自由」を守る事

・漫画やアニメーション等の「コンテンツ文化」を守る事

・「警察権力の拡大」を阻止する事

・様々な悪法から「日本」に住む人々の安全を守る事

その他の関心事

・取調べの全面可視化

・セクシュアルマイノリティに対する偏見や差別の撤廃

・性産業従事者に対する偏見や差別の撤廃

・護憲(9条除く)

・脱原発(厳密には減原発)

・脱官僚

※1=「基本的人権」を尊重してくれる議員の多い政党を合理的に判断し支持していきます。

※2=理念そのものに反対はしませんが「単純所持禁止」や「創作物違法化」という非人道的な手段は断固反対です。

※3=妥協案として「長期4年以上の懲役または禁錮の刑に当たる罪」という条文を削除させる事を目標としています。

嫌いな物(事)

セックスへイター。ラディカル・フェミニズム。反日活動家認定。不毛な議論。全体主義。官僚主導国家。アメポチ。

管理人から一言

日本は先進国の中でも極めて安全な国です。「凶悪事件」や「少年犯罪」も低減中。治安悪化のネガキャンに騙されない様に注意を!。

表現言論の統制はエロ・グロ・ナンセンスから始まります。日本の今後の為にも「たかが漫画規制」と甘く見ずに危機感を持ってください!。

現在「児童ポルノ規制」は間違った方向へ進んでいます。それは「子どもの未来」も破壊する悪法、子どもを持つ「親御さん達」こそ「真実」を知ってください!。

コンテンツ文化を愛するオタク達は危機感を持つべきです。思想狩り法案は着実に進んでいます社会的に抹殺されるかどうかの瀬戸際ですので是非とも「反対の声」を!。

皆様「悪法阻止」の為に一歩踏み出して具体的に「行動」してみませんか?。

カテゴリ

FC2カウンター