TOP Page > 政治・経済・時事問題 > 【事実上の増税?】「106万円の壁」が映すパート主婦世帯の難問

【事実上の増税?】「106万円の壁」が映すパート主婦世帯の難問

■「106万円の壁」が映すパート主婦世帯の難問
http://toyokeizai.net/articles/-/138149
東洋経済オンライン 2016年10月03日


まだ序の口、2020年問題にも今から備えよ

10月からパートタイム労働者の社会保険の適用が拡大された。以下の要件のすべてに該当する人は、パートであっても勤務先にて健康保険と厚生年金に加入することになる。

1. 労働時間が週20時間以上
2. 1カ月の賃金が8.8万円(年収106万円)以上
3. 勤務期間が1年以上見込み
4. 勤務先が従業員501人以上の企業
5. 学生は対象外


130万の壁は、106万円の壁に…?

これまでパートタイム労働者はその年収にかかわらず、所定労働時間が通常の就労者のおおむね4分の3(おおよそ週30時間)以上でなければ、社会保険の加入対象とはならなかった。また、会社員や公務員の妻がパートをしている場合には、妻の年収が130万円未満であれば夫の扶養に入り、自ら社会保険料を負担する必要もない。このため、労働時間を週30時間未満、および年収130万円未満でパートをする主婦が多いといわれ「130万円の壁」とも呼ばれてきた。

しかし10月からは、社会保険の適用対象が所定労働時間については週20時間に引き下げられ、年収106万円という年収要件も加わる。このため、週20~30時間働いており、年収が106万円以上130万円未満で、501人以上の大企業に勤めているパート主婦は、夫の扶養に入る以前に自分の勤務先で社会保険に加入しなければならなくなる。このため、パート主婦にとっては新しく「106万円の壁」ができるといわれている。

今回の社会保険の適用拡大対象は約25万人と推計され、このうち夫の扶養に入っているパート主婦(※国民年金第3号被保険者)は約10万人だ。労働時間が週20~30時間のパートタイム労働者は約400万人おり、そのなかの一部には限られるが、大企業で働くパート主婦やその家族から、このところ「106万円の壁」について質問を受けることが多い。

■130万円の壁が崩れる?新たな106万円の壁を打破する働き方を考える!
https://upin.jp/1649
UpIn[アップイン] 2016年10月03日更新


主婦がパートを始めるときに良く耳にするのが、103万円と130万円の壁。2016年10月施行の法改正により、新たに106万円の壁ができます。この新たな壁によって何が変わるのか、130万円の壁はどうなるのかをわかりやすく解説します。

10月からパートタイム労働者の社会保険の適用が拡大されます。これまでは社会保険料を支払う必要がある年収は「130万円以上」と定められていました。いわゆる「130万円の壁」です。しかし、安倍政権は新たに「106万円の壁」を設定しました。学生以外で勤務先の従業員が501人以上、勤務期間が1年以上、週の勤務が20時間以上、月収が8万8000円以上の条件が定められています。

106万円の壁を超えれば配偶者の「扶養」が外れて社会保険の支払い義務が発生します。130万円が106万円に下がる事で130万円を前提にしていた世帯では「事実上の増税」になる可能性があります。年収129万円の場合「厚生年金」「社会保険」の支払いで手取りの金額がマイナス16万円になるそうです。

東洋経済オンラインの記事によれば、年収106万円はあくまでパートをしている人が自分の勤務先で社会保険に加入するか否かの基準で「夫の扶養」に入れるか否かは関係ありません。配偶者の年収が130万円未満であれば「社会保険の扶養に入れる基準」は現時点で変更はないようです。

しかし、106万円の壁の対象は2019年9月までに拡大を検討する事がすでに法律で決まっています。2019年までに検討されれば2020年に決定され施行する可能性もあります。 働く時間を減らさなければ手取りが減ってしまい悪循環なのでは?。これでは逆に働く機会を奪っているように思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事一覧

コメント

アフガニスタン 北部の都市でタリバンと激しい市街戦
http://k.nhk.jp/knews/20161004/k10010716931000.html
NHK NEWSWEB
南スーダンPKO任務拡大
「殺し殺される危険」現実に 戦後史に汚点残すな
衆院予算委 笠井議員の質問
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-04/2016100403_01_1.html
しんぶん赤旗
南スーダンPKO 至近距離の射撃訓練も
笠井議員 自衛隊撤退を要求 新任務の危険告発
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-04/2016100401_01_1.html
しんぶん赤旗
世界の歴史は(なぜか)イギリスから動く
http://s.ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12206274311.html
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」
辻元清美議員の質問に動揺する稲田朋美防衛相 鈴木宗男氏こそ、すり替えだ
http://inotoru.blog.fc2.com/blog-entry-2387.html
弁護士 猪野 亨のブログ

維新が民進批判連発=浜田委員長が注意も-衆院予算委
http://www.jiji.com/sp/article?k=2016100300707&g=pol
時事通信ドットコム
相変わらず民進党を叩くのが好きですねこの政党は。日本維新は野党に相応しくないでしょう。ついでにいうと足立議員は政治家にまったく向いていません。
維新の足立康史議員 残業代未払いだけでなくパワハラでも訴えられる
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/8000d5c8eb1849eeec68e787735e1ec6
Everyone says I love you !
輸入米で不透明取引 TPPへの不信は増すばかりだ
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201610041665
愛媛新聞
ヒラリー・クリントンはパーキンソン病? 医師が指摘
デイリー新潮
http://m.news.ameba.jp/20161004-369/?guid=ON
日刊アメーバニュース
クリントン氏「TPP 大統領になっても反対」
http://k.nhk.jp/knews/20161004/k10010717261000.html
NHK NEWSWEB
クリントン氏が再びTPPに反対することを強調していますね。選挙対策だとしてもこれほどまでに反対しているのだから、TPPはアメリカの労働者たちから相当嫌われていますよ。

No title

コスROMだけじゃない!無審査着エロが原因で、再び児ポ法改定の動きが再燃も──ソフ倫内部資料に記された当局の意図|おたぽる
http://otapol.jp/2016/10/post-8299_entry.html
>さて、こうした動向の中で規制の強化を懸念するソフ倫では諸官庁を訪問し、業界でも各団体が対応をしている旨を説明していたことが、内部資料でも明らかになっている。
>これによれば、ソフ倫は8月9日に警察庁生活安全局青少年課を訪問し業界の動向および、ソフ倫でもアイドルビデオの審査を開始したことを説明。応対した少年課の山本清昭課長補佐からは「警視庁からの通達は重要事項として受け止めている」「着エロやアイドルビデオは児童ポルノ禁止法に結びついている。また、国連の動きから国際問題ともなっており、警察庁も力をいれている」「業界として自主規制していただくことは大変望ましい、法規制とならないように十分注意して欲しい」との発言があったという。
>また同日には、内閣府で内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付青少年環境整備・総合調整第一担当などを担当する森浩史参事官(警察庁警視)らとも面談。ここでは森参事官より「着エロやアイドルビデオについて自主規制が進まないと、再度の児童ポルノ禁止法改正の再燃に繋がる恐れがある」「各団体が主体となって、審査団体のことを知らしめ、自主規制を進めて欲しい」との発言がなされたと記録されている。
>さらに、森参事官は「最近のAV強制出演についても注目している」と発言している。警察側の意図は、これまで警察が把握していなかった無審査作品や出演強要の問題までを、一気にあぶりだそうという点にあるのか?
ソフ倫が警察や自民党にゴマを擂ってばかりなのは今に始まった事じゃないが、ここ最近は余計に酷くなってないか?消費者側からしたら、自主規制も法規制も大差無いだろうに。

No title

これが初犯ではありませんが、赤松先生や山田先生がどれだけマンガ議連で頑張っても、こちらの本丸が白旗献上してましたと・・・。

No title

47NEWS ‏@47news
速報:警視庁は少女とわいせつな行為をした疑いで、さいたま市の男を逮捕。男は子供の性被害防止活動をしていた。
http://bit.ly/2dz5BKF

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter

プロフィール

日下部 來純

Author:日下部 來純
男 30代 元書店員 ヲタク 無党派(※1)

stop_kisei@hotmail.co.jp @は半角。

当ブログのスタンス

我が国と子ども達の「未来」を守る為に「基本的人権の侵害」と「児童ポルノ禁止法の改悪(※2)」に反対しています。

最優先事項

・「表現の自由」をはじめとする「基本的人権」を守る事

・「リオ宣言案」及び「共謀罪(※3)」を阻止する事

・「インターネットの自由」を守る事

・漫画やアニメーション等の「コンテンツ文化」を守る事

・「警察権力の拡大」を阻止する事

・様々な悪法から「日本」に住む人々の安全を守る事

その他の関心事

・取調べの全面可視化

・セクシュアルマイノリティに対する偏見や差別の撤廃

・性産業従事者に対する偏見や差別の撤廃

・護憲(9条除く)

・脱原発(厳密には減原発)

・脱官僚

※1=「基本的人権」を尊重してくれる議員の多い政党を合理的に判断し支持していきます。

※2=理念そのものに反対はしませんが「単純所持禁止」や「創作物違法化」という非人道的な手段は断固反対です。

※3=妥協案として「長期4年以上の懲役または禁錮の刑に当たる罪」という条文を削除させる事を目標としています。

嫌いな物(事)

セックスへイター。ラディカル・フェミニズム。反日活動家認定。不毛な議論。全体主義。官僚主導国家。アメポチ。

管理人から一言

日本は先進国の中でも極めて安全な国です。「凶悪事件」や「少年犯罪」も低減中。治安悪化のネガキャンに騙されない様に注意を!。

表現言論の統制はエロ・グロ・ナンセンスから始まります。日本の今後の為にも「たかが漫画規制」と甘く見ずに危機感を持ってください!。

現在「児童ポルノ規制」は間違った方向へ進んでいます。それは「子どもの未来」も破壊する悪法、子どもを持つ「親御さん達」こそ「真実」を知ってください!。

コンテンツ文化を愛するオタク達は危機感を持つべきです。思想狩り法案は着実に進んでいます社会的に抹殺されるかどうかの瀬戸際ですので是非とも「反対の声」を!。

皆様「悪法阻止」の為に一歩踏み出して具体的に「行動」してみませんか?。

カテゴリ

FC2カウンター