TOP Page > 政治・経済・時事問題 > 可視化法案、今国会成立へ=参院法務委、19日に採決

可視化法案、今国会成立へ=参院法務委、19日に採決

可視化法案、今国会成立へ=参院法務委、19日に採決
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016051200943&g=pol
時事通信 2016年5月12日 20時25分


容疑者取り調べの録音・録画(可視化)や司法取引の導入を柱とする刑事訴訟法改正案が12日、今国会で成立する見通しとなった。参院法務委員会は同日の理事懇談会で、19日に採決することで与野党が合意した。同案は20日に参院本会議で可決され、昨年の通常国会でいったん可決した衆院に送付される運びだ。

刑訴法改正案は昨年8月に参院法務委に付託されたものの、旧民主党が議員立法のヘイトスピーチ(憎悪表現)対策法案の優先処理を主張し、実質審議入りが今年4月まで遅れた。ヘイトスピーチ法案に関して与野党が修正合意したため、刑訴法改正案についても処理のめどが立った。

可視化法案、今国会成立へ=参院法務委、19日に採決
http://jp.wsj.com/articles/JJ10265593665840863887217383150720672690378

うーん…結局警察の歯止めがかかるよう修正されてるかが大事なんだけど何も書かれてない…

2016-05-12(21:05) : ※1 URL : 編集

ヘイトスピーチ対策(規制)法案は与野党が修正合意した事で成立が確実視されています。これに伴い刑事司法改革関連法案=自由盗聴法案が今国会で成立する見通しになりました。参院法務委員会の理事懇談会で5月19日に採決する事で与野党が合意した模様。5月20日に参院本会議で可決後に衆議院に送付されるそうです。昨年の通常国会で可決した衆議院に送付する意味は分かりませんが・・・。

参議院法務委員会の採決は基本的に火曜日木曜日に行われます。法案の内容はまったく変わっていません。危険な箇所はそのままです。状況的に廃案は不可能に近いので「盗聴権限の拡大」に絞って反対意見と周知徹底を続けるべきだと思います。時間は限られているので早めに御願いします。

盗聴権限の拡大の問題点。盗聴可能な犯罪はこれまで「薬物」「銃器」「集団密航」「組織的殺人」4種類が対象でした。これに「窃盗」「詐欺」「児童ポルノ」など新たに9種類の犯罪が追加されています。また、警察署内で盗聴が可能になる事で今まで盗聴の現場で要求されていた「通信事業者の職員の立ち会い」が不要になります。警察署の中で警察官のみで盗聴を行えるようになるので「別件逮捕」「通信傍受の濫用」「傍受記録の改ざん」が危惧されます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事一覧

コメント

ガス工場で自爆、11人死亡=IS、犯行認める-イラク
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016051500133&g=isk
IS自爆で25人死亡=イエメン
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016051500141&g=isk
ISが病院襲撃、警備20人殺害=シリア
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016051400331&g=isk
アフガン南部で自爆テロ、3人死亡12人負傷
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2774130.html
シリアで解放されたスペイン人「別の外国人拘束されていた」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2774129.html

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter

プロフィール

日下部 來純

Author:日下部 來純
男 30代 元書店員 ヲタク 無党派(※1)

stop_kisei@hotmail.co.jp @は半角。

当ブログのスタンス

我が国と子ども達の「未来」を守る為に「基本的人権の侵害」と「児童ポルノ禁止法の改悪(※2)」に反対しています。

最優先事項

・「表現の自由」をはじめとする「基本的人権」を守る事

・「リオ宣言案」及び「共謀罪(※3)」を阻止する事

・「インターネットの自由」を守る事

・漫画やアニメーション等の「コンテンツ文化」を守る事

・「警察権力の拡大」を阻止する事

・様々な悪法から「日本」に住む人々の安全を守る事

その他の関心事

・取調べの全面可視化

・セクシュアルマイノリティに対する偏見や差別の撤廃

・性産業従事者に対する偏見や差別の撤廃

・護憲(9条除く)

・脱原発(厳密には減原発)

・脱官僚

※1=「基本的人権」を尊重してくれる議員の多い政党を合理的に判断し支持していきます。

※2=理念そのものに反対はしませんが「単純所持禁止」や「創作物違法化」という非人道的な手段は断固反対です。

※3=妥協案として「長期4年以上の懲役または禁錮の刑に当たる罪」という条文を削除させる事を目標としています。

嫌いな物(事)

セックスへイター。ラディカル・フェミニズム。反日活動家認定。不毛な議論。全体主義。官僚主導国家。アメポチ。

管理人から一言

日本は先進国の中でも極めて安全な国です。「凶悪事件」や「少年犯罪」も低減中。治安悪化のネガキャンに騙されない様に注意を!。

表現言論の統制はエロ・グロ・ナンセンスから始まります。日本の今後の為にも「たかが漫画規制」と甘く見ずに危機感を持ってください!。

現在「児童ポルノ規制」は間違った方向へ進んでいます。それは「子どもの未来」も破壊する悪法、子どもを持つ「親御さん達」こそ「真実」を知ってください!。

コンテンツ文化を愛するオタク達は危機感を持つべきです。思想狩り法案は着実に進んでいます社会的に抹殺されるかどうかの瀬戸際ですので是非とも「反対の声」を!。

皆様「悪法阻止」の為に一歩踏み出して具体的に「行動」してみませんか?。

カテゴリ

FC2カウンター