著作権侵害、非親告罪を導入へ=適用制限めぐり最終調整―TPP - 国民の基本的人権と安全を考える有志のブログ

著作権侵害、非親告罪を導入へ=適用制限めぐり最終調整―TPP

著作権侵害、非親告罪を導入へ=適用制限めぐり最終調整―TPP
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150712-00000012-jij-pol
[時事通信 2015年7月12日(日) 2時32分配信]


環太平洋連携協定(TPP)交渉をめぐり、日米など12カ国が、日本国内で関心が高い著作権侵害の「非親告罪化」について、適用範囲に制限を付けた上で導入する方向となった。関係筋が11日明らかにした。非親告罪化は、映画や音楽などの著作権侵害を、作者の告訴なしに警察や検察が捜査、起訴できるようにする仕組み。営利目的でない公正な利用などを適用対象外とするなど、限定条件をめぐって最終調整している。

著作権を含む知的財産権を保護するルール作りは、TPP交渉で最も難航する分野で、未解決の問題が多くある。このため12カ国は今月24日に米ハワイで始まる首席交渉官会合に先立って、知的財産分野の担当交渉官による作業部会を開き、28日からの閣僚会合で最終決着を図る方針だ。

複数の交渉関係者は、著作権侵害の非親告罪化の扱いについて、「TPP交渉国で制度がないのは日本とベトナムの2カ国だけで、導入の方向は避けられない」と指摘。適用範囲に一定の制限を加えて韓国が非親告罪化を受け入れた米韓自由貿易協定(FTA)に沿った形で調整していることを認めた。

非親告罪の適用範囲については、著作物の活用で得た商業的な利益の程度や、オリジナルの著作物の市場価値をどこまで損なったかによって判断する案を検討している。一方、非親告罪の導入に対し日本国内では、マンガなどを二次利用した同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)」などが摘発されるのではないかと懸念する声がある。このため政府は、各国による適用範囲の制限に一定の柔軟性を認める仕組みとするよう主張している。

政府関係者は非親告罪化について「(摘発の妥当性などの判断に関する)主権が脅かされるようなことにはならない」と強調。著作権法の専門家は、日本の国内法では、教育や研究、批評など公正利用を著作権侵害罪の適用範囲外とする一般規定がないため、非親告罪を導入する場合には乱用を防ぐ法改正などが必要だと指摘している。


Twitterでは簡単に触れましたが改めて御伝えしておきます。著作権侵害の「非親告罪化」に関して適用範囲に制限を付けた上で導入される見通しになりました。日本政府は「TPP交渉国で制度がないのは日本とベトナムの2カ国だけ」と指摘された事で米韓FTAに沿った形で導入を決めた模様。知財分野に関しては一応の抵抗はしていましたがディズニーなどの大企業が著作権保護の強化を主張している米国政府に押し切られたようです。今月28日に開かれる閣僚会合で最終決着を図る方針だそうなので間もなく日米合意の発表がなされるかもしれません。

非親告罪化は「映画」「音楽」「漫画」などの著作権侵害を「作者の告訴なし」に警察や検察が捜査して起訴できるようにする仕組みです。大まかに言えばパロディネタはすべて裁判沙汰になる可能性があります。コミケ出版業界に一気に法規制の波が押し寄せる恐れがあるだけでなく「2ch」「ニコニコ動画「YouTube」「Pixiv」などその影響は計り知れません。いわゆる「二次創作」が壊滅的なダメージを受ける事は関係者の多くが指摘しておりヲタク層にも広まっています。

しかし「インターネットの自由」に深刻な影響を及ぼす事に関して触れてる人は殆ど居ません。あらかた情報が出揃ったのでぶっちゃけて言いますが「インターネットの拡散力」が低下する事は非常に深刻です。反対派は二次創作規制だけでなく「著作権侵害の非親告罪化=事実上の情報統制法」になる危険性について目を向けるべきです。

以前に山田太郎議員が「交渉関係者から非親告罪は導入されると聞いた」と仰っていたのでついに来るべき時が来ましたね・・・。非親告罪化の導入自体は想定の範囲内ですがTPPは条約なので法律より上です。国内法を整備する段階で余程上手く戦わなければこの危機は乗り切れません。


コメント
非公開コメント

気になるのが

音楽業界の動きが気になる(´・ω・`)てか 制作陣やファンほとんど理解してないんじゃないか?

良くも悪くもラジオで、二次創作関係への注意喚起、ネット拡散はされているけど(実数でどれだけ動いてるか?成果は?は今回別)

音楽業界 いまだに 替え歌(歌詞変える歌手が) カバーソングで創作者に挨拶しない(人がいる) この曲似てね? など

個人的に楽観はしてないが悲観とまではいかない二次創作(むしろ一次創作の方面でも非親告罪化ってめんどうくさくなるぞっていう(´・ω・`))

2015-07-22 00:49 from フー | Edit

〆切は7/27

関連パブコメ(?)に関する記事へのリンクを勝手ながら載せておきます(〆切は7/27)。
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2853.html

著作権問題ではフェアユースがよく取り沙汰されますが、それ以上に非親告罪化の部分に直接ねじ込めないだろうか、と思います。
著作権問題のお題目で、さすがに「お前んトコの二次同人皆殺しにしろ」なんて喚かれてはいないと思うんですよね(このままですと「結果として」そういう形になりそうではありますが)。
警察が独断で動けるのを「誰がどう見ても海賊版」な案件に絞らせる案は何か無いだろうか、などと思いながら意見作成中です。

2015-07-22 08:26 from - | Edit

安保法案に反対の集会村山元総理も参加
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150723/k10010163621000.html

2015-07-23 20:20 from 12434

どういう事をすれば、良いのか?

今日、ニュースを観たら、赤松健さん達がオタク文化の為に動いていたので私達もオタク文化の為に何かやるべきかなと思うので私はオタク文化破壊のTPPには反対なのです。

2015-07-23 22:43 from エルガンハイン・サスガ

仁藤氏が以前受けたアメリカの取材が報道された模様です。

2015-07-23 23:30 from -

危機感の差

ちょいネット界隈では有名人のツィート
引用開始

>福井健策ふくめMIAUの関係者は「著作権の非親告罪化」が一般の犯罪とまったく同列になるとかんちがいしてるんじゃないかな。
被害者の意思や権利関係を確認できない事案が警察の独断でいきなり立件できるわけないし、第三者がおもしろ半分に告発したらそれはそれで犯罪なんだから

(´・ω・`)そうだっけか?

2015-07-23 23:56 from フー | Edit

No title

エルガンハイン・サスガ様

>オタク文化破壊のTPPには反対なのです

オタク文化だけではありません。TPPは日本人の日常生活そのものも破壊されかねません。かつて米韓FTAで多くの失業者を出している実例もあるため、米国内の反対の声も多いです。

2015-07-23(23:30)名無し様

>仁藤氏が以前受けたアメリカの取材が報道された模様です。

日本の闇『女子高生ビジネス』に迫った海外ドキュメンタリー動画が話題 / 海外ネットユーザー「日本の最も変な部分を見た」
http://rocketnews24.com/2015/07/22/610880/

山田議員がブルームバーグから取材を受けた内容とは別物のようですね。全部見たわけではありませんが、基本的にJKビジネスの問題を表した内容なのに、さらっと漫画やアニメのイラストを載せてきたあたり過去のBBCとかの児ポ法改正の外圧偏向記事のような悪質さを感じます。

2015-07-24 00:19 from W-B

首相憲法改正に意欲 安保法案と区別、ラジオ番組
http://m.blogos.com/article/124259/

いつもながらひどいね安倍さんは。だいたい今の安保法案は去年の解釈改憲がないと出せなかったものでしょうよ。
「解釈を変更して憲法を改めた」ということなんだから、少なくも自民党としては、去年の閣議決定以前だとあの安保法案は違憲になる。もちろんそんな反則技による改憲は許してはいけませんが。それで「安保法案は合憲だから改憲論議と区別する」とか、身勝手すぎますよ。というか、別に普通に改憲しなくても解釈変えれるなら自民党には必要ないでしょう。そんなに改憲の議論したいならあの閣議決定を撤回して、安保法案も廃案にしろといいたいです。

そもそも安倍総理は、はじめは普通に改憲したかったが、自民党改憲案があまりにもひどすぎて失敗しました。それで解釈変更の反則技を使ってあの安保法案を出したわけです。今になって自分のずるさを全部棚にあげて、まともな改憲論議をしたいようですね。もっとも無理です。総理自体がどうかしてますから。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40061

2015-07-24 01:48 from 12434

現実に即して女性キャラかけというなら現実に即して男性キャラもかけと思うがそうは言わないね。またあの界隈だろうがさ。

2015-07-25 17:17 from -

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 国民の基本的人権と安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.