TOP Page > 憲法改悪反対! > 【新聞赤旗】国民の声を「無責任な批判」 自民党大会 安倍首相が演説

【新聞赤旗】国民の声を「無責任な批判」 自民党大会 安倍首相が演説

国民の声を「無責任な批判」 自民党大会 安倍首相が演説
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-03-09/2015030902_01_1.html
[新聞赤旗 2015年3月9日(月)]


自民党は8日、東京都内で党大会を開き、「改憲原案の作成」や改憲に向けた「国民運動の推進」など、明文改憲を前面に打ち出した運動方針を採択しました。

安倍晋三首相(党総裁)は演説で、集団的自衛権行使容認の「閣議決定」を具体化する安保法制整備をめぐり、「戦争に巻き込まれる、徴兵制が始まるとの無責任な批判もある」と発言。「立党60年を迎えた自民党の誇りは常に強い責任感を持ち、こうした無責任な批判にたじろぐことなく、やるべきことは毅然とやりとげてきたことだ」と述べました。国民の声に耳を傾けず「海外で戦争する国」づくりを強行する姿勢を示したものです。

また、4月のいっせい地方選での必勝を呼びかけました。

来賓の山口那津男・公明党代表は、自公連立政権について「互いの持ち味を生かし、国民の幅広い民意を受け止め、粘り強く合意に至らしめることができるという大事な意義を持っている」と述べ、安保法制協議への「国民の批判」を考慮せざるをえない矛盾をにじませました。

来賓あいさつで経団連の榊原定征会長は、昨年末の総選挙結果について「国民が安倍政権の政策を支持、その継続を求め、その成果を強く期待する現われだ」ともちあげ、「経済界は引き続き、安倍政権の政策遂行に全面的に協力したい」と述べました。榊原氏は「賃上げもしっかり実現したい」と述べて、不振のアベノミクスにてこ入れする姿勢を示し、安倍首相は「何だかいい予感がしてきた。大いに期待したい」と応じました。

憲法も国民も無視の強権姿勢

8日の自民党大会で安倍晋三首相は、「海外で戦争する国」づくりに踏み込む安全保障法制に反対する国民の声を、“無責任な批判”だと切り捨てました。憲法を無視し、国民の声に耳を傾けない強権姿勢を改めて示したものです。

この間の国会論戦などを通じ、集団的自衛権行使の現実の危険が、アフガン・イラク戦争のような戦争で米軍と自衛隊が肩を並べて戦争することにあることが明らかになっています。だからこそ多くの国民が反対の声を上げているのです。世論調査でも、集団的自衛権行使容認の「閣議決定」を具体化する動きに対し一貫して反対が多数です。

こうした「海外で戦争する国」づくりを危惧する国民の声に対し、安倍首相は「無責任な批判にたじろぐことなく、やるべきことは毅然とやりとげてきた」と立党60年の“自民党の誇り”を持ち出し、切り捨てました。

こうした強権姿勢について元党総裁の河野洋平氏は2月の講演で「保守政治というより、右翼政治みたいな気がする」と痛烈に批判。さらに、古賀誠、野中広務、山崎拓の元自民党幹部から相次いで安倍政権への異議が噴出する事態となっています。戦後の保守政治の「誇り」の名で強権姿勢を正当化し恥じない安倍政権。イデオロギーや政治的立場の違いを超えて批判の声は広がっています。

(酒井慎太郎)


No title
自民「改憲原案を作成」 党大会採択 首相、安保法制に意欲
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150309-00000058-san-pol


2015-03-09(11:15) : (sic) URL : 編集

No title
>自民「改憲原案を作成」 党大会採択 首相、安保法制に意欲

現状を見る限り、「改憲草案」を白紙に戻す意思は感じとれませんが・・・。

2015-03-10(01:24) : W-B URL : 編集


新聞赤旗の記事。憲法改正に関して自民党は党大会で「改憲原案の作成」を明記した平成27年運動方針を採択しました。上記の太字の部分に要注目です。国民の批判を「無責任」と斬って捨てた安倍晋三。憲法の仕組みを承知の上でこの発言なので確信犯的に国民を欺こうとしてるのは明らかです。本当に腐った男です。当ブログを御覧の皆様は御存知でしょうが自民党の改憲案は「国民の基本的人権は国家が自由に剥奪できる」という内容。安保関連法案は別としてこの辺りの改正は断固阻止しなければなりません。

政権与党の主導で「憲法改正賛同者の拡大運動を推進」するそうなので要注意です。維新の党次世代の党の存在で野党もストッパーとしては期待できないので改憲阻止は極めて難しいです。国民一人一人が感情に流されずに冷静に「日本国民の基本的人権を守る」「海外で戦争する国にさせない」という強い意志を持って戦う必要があります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事一覧

コメント

No title

渋谷の条例案をはじめ、同性愛はもちろん、それに容認する言論・表現を規制させるためには
ttp://blogs.yahoo.co.jp/reiko_kosuna/32504700.html
規制派のブログより。基本的にやってることはいつもの創作物規制や根拠のないレッテル張りなんですがね・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

本日のニコニコ生放送「みんなのさんちゃんねる」は年金問題。
これを地上波ゴールデン帯で放送出来たら視聴しますし、受信料も喜んで払いますよ。大本・・・国営放送。
70年目にしてようやく日本国憲法9条が世界に評価されました。
>マインクラフトが暴力的でいじめの原因になるゲームとして禁止される可能性 - GIGAZINE.mht
http://gigazine.net/news/20150311-turkey-ban-minecraft/
>マインクラフトは建造物を構築することで子どもの創造性を育てることが可能である一方で、
>建造物を襲ってくる敵から守るために敵を殺す必要があり、同ゲームは暴力に基づいて設計されている。
トルコは国防軍事力持ってますけど、これは改憲して廃止ですね。
ノーベル平和賞もらえるかもしれませんよ。良かったですね安倍総理。
2015-03-11(08:35)
「主婦の会」なる団体が渋谷で恥を晒しているようです。
この人達は70年代アメリカからやってきたのでしょうか。映画「ミルク」と「チョコレートドーナツ」を思い出します。
そのアメリカでは今や、馬鹿な毒親が家族無計画で産みまくって虐待した挙句に捨てた子をゲイカップルが引き取って育ていてる国ですけど。
それにその論理を同性愛者をガス室で焼いて良い大義名分にした政党が昔ヨーロッパのどこかで与党になりましたね。そして、こういう人達は普段その政党を非難していたり。
あと日本では古来、女性との恋愛に夢中になるのは恥ずかしい事として「衆道」という男らしい美徳が流行ったり。現代でも「草食」だのなんだの。こっちは美徳でなく蔑みですけど。
少子化の原因は鏡に映ってるかもしれませんよ。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter

プロフィール

日下部 來純

Author:日下部 來純
男 30代 元書店員 ヲタク 無党派(※1)

stop_kisei@hotmail.co.jp @は半角。

当ブログのスタンス

我が国と子ども達の「未来」を守る為に「基本的人権の侵害」と「児童ポルノ禁止法の改悪(※2)」に反対しています。

最優先事項

・「表現の自由」をはじめとする「基本的人権」を守る事

・「リオ宣言案」及び「共謀罪(※3)」を阻止する事

・「インターネットの自由」を守る事

・漫画やアニメーション等の「コンテンツ文化」を守る事

・「警察権力の拡大」を阻止する事

・様々な悪法から「日本」に住む人々の安全を守る事

その他の関心事

・取調べの全面可視化

・セクシュアルマイノリティに対する偏見や差別の撤廃

・性産業従事者に対する偏見や差別の撤廃

・護憲(9条除く)

・脱原発(厳密には減原発)

・脱官僚

※1=「基本的人権」を尊重してくれる議員の多い政党を合理的に判断し支持していきます。

※2=理念そのものに反対はしませんが「単純所持禁止」や「創作物違法化」という非人道的な手段は断固反対です。

※3=妥協案として「長期4年以上の懲役または禁錮の刑に当たる罪」という条文を削除させる事を目標としています。

嫌いな物(事)

セックスへイター。ラディカル・フェミニズム。反日活動家認定。不毛な議論。全体主義。官僚主導国家。アメポチ。

管理人から一言

日本は先進国の中でも極めて安全な国です。「凶悪事件」や「少年犯罪」も低減中。治安悪化のネガキャンに騙されない様に注意を!。

表現言論の統制はエロ・グロ・ナンセンスから始まります。日本の今後の為にも「たかが漫画規制」と甘く見ずに危機感を持ってください!。

現在「児童ポルノ規制」は間違った方向へ進んでいます。それは「子どもの未来」も破壊する悪法、子どもを持つ「親御さん達」こそ「真実」を知ってください!。

コンテンツ文化を愛するオタク達は危機感を持つべきです。思想狩り法案は着実に進んでいます社会的に抹殺されるかどうかの瀬戸際ですので是非とも「反対の声」を!。

皆様「悪法阻止」の為に一歩踏み出して具体的に「行動」してみませんか?。

カテゴリ

FC2カウンター