当ブログの「著作権/肖像権に関する意思表示」と「コメント欄の利用規約」について - 国民の基本的人権と安全を考える有志のブログ

当ブログの「著作権/肖像権に関する意思表示」と「コメント欄の利用規約」について

ガイドラインを改定しました。コメント欄の利用規約を追加したのでご確認ください。宜しくお願いします。

■著作権/肖像権等に関する意思表示


当ブログでは「ニュース記事」等を引用する事があります。著作権/肖像権等は「各権利所有者」に帰属致 します。

各権利所有者の権利を侵害する意図はありません。当ブログは「営利目的」ではありません。あくまで「論説」「批評」「研究」「政治活動」を目的とした前提で必要の範囲内で使用しています。問題がある場合はお手数ですが「各権利所有者本人」「最新記事に非公開コメント」又は「メール」で直接ご連絡をお願いします。必要に応じて適切に対応いたします。

※メールのチェックは基本的に週一回のペースで行っています。

■画像の使用について


当ブログは将来的な「著作権侵害の非親告罪化」に対応する意味で基本的に「文章」のみで構成しています。

■コメント欄の利用規約


a-コメントの著作権について

当ブログに頂いたコメントの著作権は投稿者に発生します。但し、当ブログのスタンスに基づき頂いたコメントは全て管理人が自由に「引用」「転載」「使用」「編集」「削除」する事が出来るものとします。投稿者は「コメントを投稿した時点」「管理人」に著作権を「付与」及び「譲渡」する事に同意したものと見なします。

管理人に著作権を「付与」及び「譲渡」する事を「認めない方」はその旨をお知らせください。その場合は「HN」「記事番号」「該当のコメント」を明記した上で「最新記事に非公開コメント」又は「メール」でご連絡をお願いします。必要に応じて適切に対応いたします。

※2012年5月1(火)(前回の改定日)以前に頂いたコメントに関しては個別に対応します。

b-コメントの削除

コメント欄は「議論」「雑談」「情報交換」の場として開放しています。ご自由にコメントしていただいて構いません。但し、管理人が「荒らし目的」「煽り目的」「根拠の無い誹謗中傷」「炎上」と判断した場合は「警告の後」又は「無条件」で削除対象になります。

また「表現規制推進」「新自由主義者」「セックスへイター」「ラディカル・フェミニスト」「ネトサポ」「ネトウヨ」のコメントは当ブログのスタンスに反するので「警告の後」又は「無条件」で削除対象になる場合があります。さらに「左翼活動家認定」「反日活動家認定」「在日認定」「事実無根の誹謗中傷」なので無条件で削除対象になります。

※ラディカル・フェミニストは表現規制反対派の間で定義されるものを指します。

c-ハンドルネーム(HN)の記載

コメント欄をご利用の際は簡単なものでいいので「ハンドルネーム」を記載してください。記事に情報提供者の有無を明記する場合があるのでご協力お願いします。尚、このルールはあくまで「任意」なので強制はしません。

d-記事の転載

コメント欄に「ニュース記事」「個人のブログ」等を全文転載するのは止めてください。著作権法違反を指摘される可能性があるので削除対象になります。原則として「タイトル(見出し)」「アドレス」だけでお願いします。一部「転載」「引用」「抜粋」はOKです。

分かり易くご説明すれば以下のようになります。将来的な「著作権法違反の非親告罪化」を見据えて考慮しました。これは当ブログを安全に利用していただく為のルールです。

◎ご自身のコメント
○タイトル+アドレス+ご自身のコメント
○タイトル+アドレス+一部「転載」「引用」「抜粋」+ご自身のコメント
△タイトル+アドレス+一部「転載」「引用」「抜粋」
×タイトル+アドレス+全文転載


※現時点でTwitter(ツイート)の転載に関してはこの限りではございません(詳しくは下記参照)。

■Twitter(ツイート)の転載(埋め込み機能)について


当ブログはTwitterの「埋め込み機能」及び「それに類似するツール」を使って記事を作成しています。Twitterと著作権の関係は具体的な判例がないのではっきりしていません。しかし、Twitterの「利用規約」では「転載」及び「複製」認めているのでそれに則って使用しています。

情報提供の一環として「コメント欄」にツイートを転載する際も同様のルールになります。但し「自分のツイートは使うな」「○○だけは削除して」という方はお手数ですが「各権利所有者本人」「最新記事に非公開コメント」又は「メール」で直接ご連絡をお願いします。必要に応じて適切に対応いたします。

■著作権問題参考サイト


Twitterサービス利用規約
https://twitter.com/tos?lang=ja
Togetter - 文化庁がツイッターは基本的に著作物ではないと回答した?!
http://togetter.com/li/170747
Twitterで他人のツイートを丸パクリしてもOK?文化庁の解釈が物議
http://www.yukawanet.com/archives/3888601.html
ツイッター(Twitter)のツイートに著作権はないと文化庁(10-18追記) - ちほちゅう
http://webdirector.livedoor.biz/archives/52483170.html
著作権法ガイド(無料引用のルール)
http://homepage1.nifty.com/samito/copyright2.htm
ニュース記事のブログ転載は合法の新常識
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20091007/1019262/?rt=nocnt 新聞・ニュースの引用や転載、著作権について
https://www.bengo4.com/houmu/17/1263/b_125804/
「ニュースの見出しは著作物にはあたらない」との判例がある
http://mcn.oops.jp/glossary/ip/headline_ip.htm
著作権法違反にならない記事引用のやり方
http://www.naoki-keyword.com/base/innyou.html
文章のための法律相談 ブログ編⑥~記事転載~
http://www.henshukaigi.com/faq/000569.html
ブログや動画サイトでうっかり著作権を侵害しないためのポイント
http://nanapi.jp/16505/
著作権法で許される「引用」
http://stuvwxyz.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_88d7.html
著作権法違反せず、ニュースサイトから写真や記事を引用できるサービス
http://ameblo.jp/etude666/entry-11285466052.html
著作権について(朝日新聞DIGITAL)
http://www.asahi.com/policy/copyright.html
写真も貼れるニュース記事ブログパーツ(MSN産経ニュース)
http://promotion.jp.msn.com/msnsankei_blog/


改定日-2016年5月1日(日曜日)-

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 国民の基本的人権と安全を考える有志のブログ All Rights Reserved.