TOP Page > Archive - 2016年03月

民進党発足、岡田氏「政権交代ラストチャンス」

民進党発足、岡田氏「政権交代ラストチャンス」http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160327-OYT1T50026.html読売新聞 2016年03月28日 00時34分民主党と維新の党による民進党は27日、東京都内で結党大会を開き、正式に旗揚げした。参加議員は156人(衆院96人、参院60人)。結党宣言で「野党勢力を結集し、政権を担うことのできる新たな政党をつくる」などと2大政党の一翼を担う決意を掲げ、夏の参院選や次期衆院選で安倍...

続きを読む

【異常事態】共産「暴力革命」変わらず=政府答弁書

共産「暴力革命」変わらず=政府答弁書http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160322-00000057-jij-pol時事通信 2016年3月22日(火) 12時25分配信政府は22日の閣議で、共産党について「警察庁としては現在においても『暴力革命の方針』に変更はないものと認識している」とする答弁書を決定した。鈴木貴子衆院議員(無所属)の質問主意書に答えた。答弁書は、共産党が戦後に合法政党になって以降も「日本国内において暴力主義的破壊活...

続きを読む

TPP 全品目で開放の疑い「関税維持」 実態は「譲歩」続々 本紙独自検証

TPP 全品目で開放の疑い「関税維持」 実態は「譲歩」続々 本紙独自検証http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160315-00010004-agrinews-pol日本農業新聞 2016年3月15日(火) 15時47分配信日本政府が環太平洋連携協定(TPP)交渉で合意した農林水産物の市場開放について、「156のタリフライン(関税区分の細目)の関税を維持した」などと説明している問題で、こうした手付かずの細目は、いずれも同一品目の中に複数ある細目の一つ...

続きを読む

TPP 国会承認求める議案と関連法案 閣議決定

TPP承認案と関連法案を閣議決定 4月から審議開始http://www.sankei.com/economy/news/160308/ecn1603080029-n1.html産経新聞 2016.3.8 10:09政府は8日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の承認案と関連法案を閣議決定した。3月中旬にも衆参両院にそれぞれTPP特別委員会を設置。4月上旬から承認案と関連法案を一本化して審議し、今国会での成立を目指す。政府は早期にTPPの日本国内での承認を取り付け、他の加盟...

続きを読む

【要警戒】「衆参同日選」観測広がる…首相言動に野党警戒

「衆参同日選」観測広がる…首相言動に野党警戒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160305-00050094-yom-pol読売新聞 2016年3月5日(土) 22時32分配信安倍首相が、衆院選と夏の参院選を同じ日に行う「衆参同日選」に踏み切るのではないかとの観測が広がっている。参院選で大幅な議席上積みが不可欠な憲法改正に意欲を示したり、「逆風」が予想される消費税率の引き上げを巡り発言を微妙に修正したりと、臆測を呼ぶ言動が目立つため...

続きを読む

安倍首相、夏の参院選を「自公対民共」の戦いと位置づけ

安倍首相、夏の参院選を「自公対民共」の戦いと位置づけhttp://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00317819.htmlフジテレビ系(FNN) 2016年3月2日(水) 23時17分配信「自公対民共」の戦いだと位置づけた。安倍首相は、2日、自民党の会合であいさつし、夏の参議院選挙について、「自公対民共の対決になっていくのではないか」と述べ、自民党・公明党対民主党・共産党の対決構図になると指摘した。そのうえで、「せっか...

続きを読む

谷垣自民党幹事長「自主憲法つくる」 9条明文改憲・緊急事態条項に言及

谷垣自民党幹事長「自主憲法つくる」 9条明文改憲・緊急事態条項に言及http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-02-28/2016022802_03_1.html新聞赤旗 2016年2月28日(日)自民党の谷垣禎一幹事長は27日に出演したBS朝日の番組で「マッカーサーの占領下で憲法をつくったのはおかしい。自主憲法をつくる必要がある」と発言するなど明文改憲が必要との認識を示しました。有事に国民の人権を停止し、首相に権力を集中する「緊急事...

続きを読む

Twitter

プロフィール

日下部 來純

Author:日下部 來純
男 30代 元書店員 ヲタク 無党派(※1)

stop_kisei@hotmail.co.jp @は半角。

当ブログのスタンス

我が国と子ども達の「未来」を守る為に「基本的人権の侵害」と「児童ポルノ禁止法の改悪(※2)」に反対しています。

最優先事項

・「表現の自由」をはじめとする「基本的人権」を守る事

・「リオ宣言案」及び「共謀罪(※3)」を阻止する事

・「インターネットの自由」を守る事

・漫画やアニメーション等の「コンテンツ文化」を守る事

・「警察権力の拡大」を阻止する事

・様々な悪法から「日本」に住む人々の安全を守る事

その他の関心事

・取調べの全面可視化

・セクシュアルマイノリティに対する偏見や差別の撤廃

・性産業従事者に対する偏見や差別の撤廃

・護憲(9条除く)

・脱原発(厳密には減原発)

・脱官僚

※1=「基本的人権」を尊重してくれる議員の多い政党を合理的に判断し支持していきます。

※2=理念そのものに反対はしませんが「単純所持禁止」や「創作物違法化」という非人道的な手段は断固反対です。

※3=妥協案として「長期4年以上の懲役または禁錮の刑に当たる罪」という条文を削除させる事を目標としています。

嫌いな物(事)

セックスへイター。ラディカル・フェミニズム。反日活動家認定。不毛な議論。全体主義。官僚主導国家。アメポチ。

管理人から一言

日本は先進国の中でも極めて安全な国です。「凶悪事件」や「少年犯罪」も低減中。治安悪化のネガキャンに騙されない様に注意を!。

表現言論の統制はエロ・グロ・ナンセンスから始まります。日本の今後の為にも「たかが漫画規制」と甘く見ずに危機感を持ってください!。

現在「児童ポルノ規制」は間違った方向へ進んでいます。それは「子どもの未来」も破壊する悪法、子どもを持つ「親御さん達」こそ「真実」を知ってください!。

コンテンツ文化を愛するオタク達は危機感を持つべきです。思想狩り法案は着実に進んでいます社会的に抹殺されるかどうかの瀬戸際ですので是非とも「反対の声」を!。

皆様「悪法阻止」の為に一歩踏み出して具体的に「行動」してみませんか?。

カテゴリ

FC2カウンター